FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



CATEGORY : スポンサー広告 |

朝のケーキが食べられるのは


IN THE NIGHT KITCHEN
Maurice Sendak


 "Where the Wild Things Are"(邦題:かいじゅうたちのいるところ )で有名なイラストレーター、Maurice Sendakのコミック風の絵本。
 Mickyが夜、ベッドですやすや眠っていると、何だか下の方からうるさい音がしてきます。("Thump"(どすん)"Clump"(がつん)"Bump"(ごつん)などと音の種類も色々覚えられます)
 "Quiet Down There!"「うーるさーいよー!」と叫ぶと、あらあら不思議、夜のキッチンに迷い込んでしまいます。(それも、はだかんぼうで!)
 キッチンでは3人のパン屋さんが朝のケーキを作るミルクが無い!と大騒ぎ中。Mickyはケーキのタネの中に混ぜ込まれたり、タネで作った飛行機で空を飛んだりしながらミルクを何とか調達します。
 そう、毎朝、みんながケーキが食べられるのはMickyのおかげというわけなのです!
 私は実はアメリカ本土に行ったことがないのですが(イギリス生活は15年近くですが……)、朝ケーキを食べるってアメリカっぽい!と勝手に思っています。(もちろんクリームたっぷりのショートケーキではないでしょうけど…。パンケーキみたいなもの?)

 うちでは"MILK IN THE BATTER! MILK IN THE BATTER! STIR IT! SCRAPE IT! MAKE IT! BAKE IT!"(ミルクをタネに! ミルクをタネに! まぜて! こそいで! つくって! やいて!)というパン屋さんたちの科白にメロディをつけて読んでいたのですが、ちび子はそれが大好きで、おままごとでケーキを作る時には必ずこの科白を歌いだします。^^

 私のMaurice Sendakとの初めての出会いは、「丘はうたう」("Singing Hill")という、マインダート・ディヤング(Meindert DeJong)の本の挿絵。今も手元にありますが、繊細な筆致がエッチングのように美しい挿絵です。そしてディヤングの話の内容も、田舎の子供時代のやさしくそぼくな日々が語られていて心洗われる内容です。残念ながら(英語も日本語も)絶版のようですが、図書館などでお見掛けになったら是非!(これは絵本ではなく、小学生高学年くらいが対象の本です)

 夜の絵本なのに、暗くなく、楽しく、どこかひねりが利いていて、あたたかい。そんな絵本です。背景に出ているジャムのビンやカートンなんかのパッケージもおしゃれで可愛い!

■1ページ当りのワード数:10~15
■単語の難易度:★★☆☆☆
■日本語版:「まよなかのだいどころ」
bk1(国際発送・SAL/船便対応)ではこちら


Amazon UK: In the Night Kitchen
Amazon US: In the Night Kitchen
スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 2~4歳 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

お買い物♪


海外在住なら日本語の本は断然ビーケーワンで!
重い本でも船便やSALで送ってくれます。


Rope' Picnic Official onlineshop
ROPEピクニックは、シンプルで可愛いから大好き。
イギリスのお洋服はサイズが合わないので、日本で買って送ってもらうことが多いです。


ママが読んでいるのは

The Time Traveler's Wife
The Time Traveler's Wife
Audrey Niffenegger

ヘンリーは、自分の知らない内にタイムスリップしてしまう「時間移動病」を患っている。そしていつ彼がいなくなるか恐れ、いつ戻ってくるのか待ち続けるしか術のない妻クレア。過去と未来で不思議な同時進行をしながら育まれる愛情と哀しみ。胸の痛くなる美しい物語です。


Second Glance
Second Glance
Jodi Picoult

恋人の霊を追い求める男、先住民の埋葬地に佇む幽霊屋敷、開発計画を妨げるように町に降る花びらの雨、70年前の殺人事件…。 偶然に偶然を重ねて緻密に交錯する登場人物の人生が、女性作家らしい美しい文章とぐいぐい読ませるストーリーテリングで綴られています。


ADS


PR


RSSリンクの表示


プロフィール

lil tinker

Author:lil tinker
ちび子(3歳)、ちび太(1歳)、イギリス人オットと一緒に暮らす翻訳屋です(在英13年の一応バイリンガル)。
2008年秋、長らく暮らした南西ロンドンからバッキンガムシャーへ引っ越してきました。
詳しいプロフィールはこちら


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

未分類 (0)
0~2歳 (5)
2~4歳 (11)
4~6歳 (1)
イギリス生活日記 (5)
プロフィール (1)
イギリス英語 (1)


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


Copyright © ちびちびバイリンガル読書生活 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。