FC2ブログ

This Archive : 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



CATEGORY : スポンサー広告 |

悪い子ちゃんの云わないコトバ


The Elephant and the Bad Baby
Elfrida Vipont (文)
Raymond Briggs(絵)


 ある日、象は悪い赤ちゃん(!)と出会います。
「背中に乗ってく?」「うん」
 そうして象と悪い子ちゃんは出掛けて行きます。ふたりが最初に通りかかったのはアイスクリーム屋さん。
「アイスクリームいる?」「うん」
 象は自分の分と悪い子ちゃんの分を勝手に取ると rumpeta, rumpeta, rumpeta! 足音勇ましく(?)追いかけて来るアイスクリーム屋さんから逃げて行きます。
 次に通りかかったのはお肉さん。
「パイいる?」「うん」
 パイを勝手にもらった二人は追いかけて来るアイスクリーム屋さんとお肉屋さんから逃げて行きます。……こうして至るところで美味しいものを勝手に頂戴しては、どんどん膨らんでいく集団に追い掛けられながら、ふたりはrumpeta, rumpeta, rumpetaと逃避行を続けます。
 ところがある時、象は気が付きます。……悪い子ちゃんは一度も"Please."って云っていないぞ!

 "THE RUNAWAY DINNER"に引き続き「追い掛けっこ」モノです。
 小さい子に"Please."を云おうね、と教えるのにも良い本ですし、物語としても単純にほほえましく可愛らしい本です。象も赤ちゃんも本当に呆れるほど図々しいのですが、子どもらしくて厭味がありません。
 しかも象が赤ちゃんに"Please"って云ってないよ!と怒るのですが、いや、その前に象がお菓子を盗んでいるのはもっと悪いんじゃ…。(笑)
 このrumpetaという擬音はこの本以外で見掛けたことがないので造語だと思うのですが、ネイティヴ(というかオット)の発音は"rʌˈm-pəta:"みたい…です。
 文章は繰り返しが多く、難しい単語はありません。何度か読んでいるうちに、ちび子はところどころ口の中で一緒にぶつぶつ暗唱するようになりました。
 うちでは、ちび子が恥ずかしがったりして"Please."が上手に云えない時には「ちび子ちゃんは"Bad baby"なのかなあ~?」と云うと、ちいさーい声で"Please..."と云ったりします。^^

 挿絵は"The Snowman""Father Christmas"で有名なRaymond Briggs。
 描かれている町並みや建物に、イギリスのさびれた片田舎~という感じがよく出ています。でもこの本が出た時代(1969年)と比べると今はどこも巨大スーパーがいっぱい出来たから、個人でやっているお肉屋さんやお菓子屋さんはずっと少なくなっちゃいましたよね。
 ところどころ騙し絵?っぽくなっているところも楽しいです。

■1ページ当りのワード数:60前後
■単語の難易度:★★☆☆☆
■日本語版:なし

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 目標一日一回更新(でも無理はしない)だったのに、既につまづいてしまいました! 仕事が入って忙しかったのと、更新しようと思った時にサーバーダウンしてしまっていた為…。無念! 地道にこつこつ更新しようと思っています。

 最近気が付いたこと。ちび子はどうやら「知らない内」を「知らない家」だと思っているらしい! 「ここイタイイタイしちゃったの~。しらないおうちで」って云ってました…。(笑) どこ!?
スポンサーサイト

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 2~4歳
THEME : 英語de子育て
GENRE : 育児 |

ソーセージさん、どちらまで?


THE RUNAWAY DINNER
Allan Ahlberg(文)
Bruce Ingman(絵)


 これはジャーナリストのMからちび子へのクリスマスプレゼント。この人のチョイスは本当に秀逸!(ちび太へのプレゼントはこちらでした)
 ……まじめに底抜けにばかばかしくて楽しい!
 あるところにBanjoという男の子がいました。元気一杯のBanjoの晩ご飯は来る日も来る日も、晴れても降っても、ソーセージ。(←大変イギリスっぽい)さてある日のこと、いつものように美味しいソーセージを食べようとすると、あら不思議! ソーセージが――Melvinっていう名前なんですが――お皿から逃げ出しちゃいました! と、思うとフォークとナイフも、お皿もテーブルと椅子も、みーんな一緒に付いて行っちゃった! それから、一緒に晩ご飯のおかずだったお豆(Peter, Percival, Paul)ににんじん(Caroline, Clara, Camilla, Christabel)にフレンチフライ(たくさんいるんだけどみんなフランス風の名前!笑)も後に続きます。
 お腹を空かせたBanjoも慌てて晩ご飯を追いかけます。それからお父さんもお母さんも、ネコのMildredも、お隣の犬のBruceも――。(でも実はBruceはネコのMildredを追いかけているだけ)
 ドタバタ追いかけっこが続きますが、おかず達は途中で色んな動物なんかに食べられちゃったり、他の人に持って行かれちゃったり、数奇な人生(!?)を歩みます。フレンチフライがおもちゃのボートに乗って"Au revoir!"と旅立つところなど爆笑です! フランス語!
 さあ、Banjoは一体晩ご飯を食べることが出来るのでしょうか??? そしてソーセージのMelvinの運命やいかに?
 「すべて実話」と銘打っているところも突き抜けていていいです。

 文体はカジュアルな話口調で、「ソーセージが、ちなみにMelvinって名前のソーセージだったんだけど、そのソーセージがお皿から飛び降りて…そう、飛び降りてね」という感じの文体です。
 食べ物に名前があるっていう時点で可笑しいし、それも次々襲い掛かる(?)ドラマに笑いっぱなしです。
 子供ってこういう単純なSlap-Bang(ドタバタもの)大好きですよね~。ちび子も読んでもらっている間中けたけた笑っていました。そして、ちび太はちび子が笑っているのが可笑しかったらしく、やっぱり笑ってました。それを見てたら私もオットも可笑しくなって……。(笑) 笑いって伝染しますよね。
 字のフォントが突然大きくなったりするのも、視覚的に面白いです。

■1ページ当りのワード数:30~40
■単語の難易度:★★☆☆☆
■日本語版:なし

 ちび子の本にはイラストレーターのBruce Ingman氏の直筆サインが入っています!
直筆サイン

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 2~4歳
THEME : 英語de子育て
GENRE : 育児 |

みんなで食べるとおいしいね


Pumpkin Soup
Helen Cooper


 森の奥深くの白い小屋には、ねこ、りす、あひるの3人が仲良く暮らしています。畑で採れたかぼちゃで毎日一緒にスープを作ります。ねこがかぼちゃを切り、りすがお鍋をかき混ぜ、あひるがお塩を入れたら世界一美味しいスープのできあがり!
 でもある日、早起きしちゃったあひるくんがこっそり自分でスープをかき混ぜようとしたものだから大変!
 けんかして小屋を飛び出したあひるくん。最初は怒っていたりすとねこのふたりも、いつまでたっても帰ってこないあひるくんが段々心配になってきます……。
 あたたかな色調の可愛い絵とほっこりするストーリー。たくさんのこっくりした色が交じり合った色使いが、ほんとうに眼に優しいです。ミックスの毛糸のような…。金とも緑とも茶とも黄色とも云えない森の葉の色の美しさなどは言葉に尽くせません。
 けんかした後、かなしくなっちゃったり、悪いことをしたと思ったりする気持ちがよく描かれていて、仲直りできた時には思わずにっこりしてしまいます。
 そしておいしいあったかいスープが飲みたくなること間違いなし!
 絵の中の雑貨や家具も可愛くてついつい見入ってしまいます。


こちらはCD付き

 CD付きと無しでは、ほんの100円ちょっとの差なのでCD付きの方がお得かな?
 CDはSimon Russel Bealeという男性の役者さんの声で(舞台役者さんらしい、しっかりしてかっこいい感じの声です)、1トラック目は普通の朗読、2トラック目は「ここでページをめくってね」という音が入っている"Read along"(一緒に読もう)バージョンになっています。

 4~8歳向けとなっているため、その分語彙が豊かです。読むにもテンポの良い文章。擬音語や動詞を増やすのに良いと思います。
 ちび子は3歳ですが、それでもこのお話は大好きで楽しんでいるので、全部理解できなくても2歳半くらいから大丈夫じゃないかなあと思います。

■1ページ当りのワード数:50前後
■単語の難易度:★★★★☆
■日本語版:「かぼちゃスープ」
bk1(国際発送・SAL/船便対応)ではこちら

Amazon UK: Pumpkin Soup
Amazon US: Pumpkin Soup


 この3人組の絵本は他にも出ていて、どちらもあひるくんがトラブルメーカー。わがままなんだけど、どうにも可愛くて憎めません! "Delicious!"の方はスープのレシピ付き!


A Pipkin of Pepper

 かぼちゃスープに入れるお塩がない! じゃあ街にお買い物に行こう…。あれっ、でもあひるくんが迷子になっちゃった!?


Delicious!

 熟れたかぼちゃが一つもない! じゃあ代わりの他のスープを作ってみる? でもあひるくんはどれもこれも「おいしくなーい!」と云うばかり……。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 昨日の食器ですが、ちび子は"I want to use blue 食器~"と云っていました。(笑) うーん、cutleryという単語を知らなかったみたいだけど微妙!! 最近、英語と日本語が混ざってきちゃったので気を付けてあげないといけません。2歳半までママは日本語、パパは英語、を貫いてきたんだけど、最近、私も時々英語で返事しちゃったりしてしまっているんで…。
 私とちび子とちび太だけだったらまだ簡単なんだけど、パパがいると私が日本語で話しかけても「Daddyがいるから英語で話さないと分からないでしょ!」と云われてしまったりするのです。それはそうなんだよねえ…。悩みどころです。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 4~6歳
THEME : 英語de子育て
GENRE : 育児 |

ママもあなたがだーいすき

  
I like it when...
Mary Murphy


 ペンギンのよちよちさんがママに向かって"I like it when..."と語りかけていくご本。
 お手てをつなぐ時、お手伝いさせてくれる時(させて「くれる」って! いじらしくてかわいい)、こちょこちしてくれる時、ぎゅうって抱っこしてくれる時…。
 ちび子が大好きだったご本ですが、今はちび太が夢中になっています。ページをめくって本文を読む度に、一緒に踊ったり、くすぐったり、お風呂に入るマネをしたりすると、きゃーきゃー云って喜びます。「うふふーうふふー」って。(笑)
 原色が鮮やかな色使いとシンプルでおおらかな絵柄は、小さい赤ちゃんにはぴったり。ボード絵本なので、ちょっと乱暴にめくったり、噛み付いたりしても大丈夫。(ちび太は噛みます…^^;)
 まだ赤ちゃんが小さくて、ママだけが赤ちゃんの世界を満たしている時って、本当にこんな感じ。お互いが大好きで大好きでたまらないんだよね。読んであげた後に抱き締めると、胸の中がぎゅうっと熱くなります。(ちび太の時もちび子の時も)
 出てくる文章も"I like it when..."(「~するときだーいすき」)という簡単な形のものが繰り返されるだけなので、分かりやすいし覚えやすいと思います。

 Mary Murphyは"Christmas Is the Best Bit"(絶版のようです)という絵本も描いていて、タイトル通りクリスマスに大興奮のペンギンちゃんのお話なのですが、このご本にはママとおじいちゃんは出てくるのにパパがいなかった! 現代イギリス(だけでもないけど)の多様な家族のかたちに即した作品作りをしているんだなあ…と、とても感心した覚えがあります。

■1ページ当りのワード数:10以下
■単語の難易度:★☆☆☆☆
■日本語版:「ママ、だいすき!―ペンギンのおやこ」
bk1(国際発送・SAL/船便対応)ではこちら


Amazon UK: I Like It When
Amazon US: I Like It When


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 DSC00250.jpg
 さて、今日は通販で買ったちび子の新しい食器セットが届きました! 気が付いたら1歳過ぎの頃に買ったものをずーっと使っていたので……。今までのものより少ぉし大きめ。 お口にちゃんと入るかしら???
 赤、緑、ピンク、水色のセットがあったのですが、さすがに4セットもは要らないし、どれにしよう……と悩んだ挙句にピンクと水色に。赤と水色だったら男の子も女の子も使えるからいいかなあとも思ったのですが。うーん、ちび太が大きくなったら買い足そうかな! 
DSC00249.jpg  
 入っている箱もカワイイ。


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 0~2歳 |

朝のケーキが食べられるのは


IN THE NIGHT KITCHEN
Maurice Sendak


 "Where the Wild Things Are"(邦題:かいじゅうたちのいるところ )で有名なイラストレーター、Maurice Sendakのコミック風の絵本。
 Mickyが夜、ベッドですやすや眠っていると、何だか下の方からうるさい音がしてきます。("Thump"(どすん)"Clump"(がつん)"Bump"(ごつん)などと音の種類も色々覚えられます)
 "Quiet Down There!"「うーるさーいよー!」と叫ぶと、あらあら不思議、夜のキッチンに迷い込んでしまいます。(それも、はだかんぼうで!)
 キッチンでは3人のパン屋さんが朝のケーキを作るミルクが無い!と大騒ぎ中。Mickyはケーキのタネの中に混ぜ込まれたり、タネで作った飛行機で空を飛んだりしながらミルクを何とか調達します。
 そう、毎朝、みんながケーキが食べられるのはMickyのおかげというわけなのです!
 私は実はアメリカ本土に行ったことがないのですが(イギリス生活は15年近くですが……)、朝ケーキを食べるってアメリカっぽい!と勝手に思っています。(もちろんクリームたっぷりのショートケーキではないでしょうけど…。パンケーキみたいなもの?)

 うちでは"MILK IN THE BATTER! MILK IN THE BATTER! STIR IT! SCRAPE IT! MAKE IT! BAKE IT!"(ミルクをタネに! ミルクをタネに! まぜて! こそいで! つくって! やいて!)というパン屋さんたちの科白にメロディをつけて読んでいたのですが、ちび子はそれが大好きで、おままごとでケーキを作る時には必ずこの科白を歌いだします。^^

 私のMaurice Sendakとの初めての出会いは、「丘はうたう」("Singing Hill")という、マインダート・ディヤング(Meindert DeJong)の本の挿絵。今も手元にありますが、繊細な筆致がエッチングのように美しい挿絵です。そしてディヤングの話の内容も、田舎の子供時代のやさしくそぼくな日々が語られていて心洗われる内容です。残念ながら(英語も日本語も)絶版のようですが、図書館などでお見掛けになったら是非!(これは絵本ではなく、小学生高学年くらいが対象の本です)

 夜の絵本なのに、暗くなく、楽しく、どこかひねりが利いていて、あたたかい。そんな絵本です。背景に出ているジャムのビンやカートンなんかのパッケージもおしゃれで可愛い!

■1ページ当りのワード数:10~15
■単語の難易度:★★☆☆☆
■日本語版:「まよなかのだいどころ」
bk1(国際発送・SAL/船便対応)ではこちら


Amazon UK: In the Night Kitchen
Amazon US: In the Night Kitchen

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 2~4歳 |

ママはどこ? その2


OWL BABIES
Martin Waddell


 ママはどこー!?絵本第2弾(笑)。
 ふくろうのお母さんと一緒に森の中で暮らす三羽のきょうだい。ある夜、目を覚ますとおかあさんがいない! おかあさんは一体どこ? きっと狩りにいったんだよ、美味しいものをもって帰って来てくれるよ、うん、そうだ、そうに決まってるよ!と上の二羽は励ましあいますが、一番のおちびさんのBillは"I want my mummy!!"と云うばかり。
 三羽ともおかあさんが帰ってくると思いつつ、ついつい心配になって色んなことを考えてしまい、心細くなってしまう……。"All owls think a lot."「だってふくろうは考え深いいきものですから!」といちいち注釈が入るのがまたおかしいです。(ふくろうは賢さの象徴なので)
 最後におかあさんが帰って来た時、Billが"I love my mummy!!"と叫ぶのが可愛く、胸がきゅーっとします。このご本はちび子もちび太も大好き。おかあさんが帰ってくる場面では、ちび子は「ハッ!」とした顔を毎回するし、最後の"I love my mummy!!"ではちび太も声を上げて喜びます。ですから、2~4歳カテゴリに一応入れていますが、1歳過ぎくらいでも理解できるんじゃないかと思います。
 やっぱりちびちび達にとって一番大切なのはママなのね…と、嬉しく思ったり、良きママになろうと自省したり。


DVD付き



こちらはCD付き


■1ページ当りのワード数:30~40
■単語の難易度:★★☆☆☆
■日本語版:「よるのおるすばん」
bk1(国際発送・SAL/船便対応)ではこちら


Amazon UK: Owl Babies
Amazon US: Owl Babies

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 2~4歳
THEME : 英語de子育て
GENRE : 育児 |

ママはどこ?


Little Fish
Guido van Genechten


 ちいさな魚が泣いています。ママが見付からないのです。海の中を探しに出掛けますが…。
 赤いカニ、オレンジ色のヒトデ、黄色いカタツムリ(海の中なのに!?)、と色の名前を覚える本です。
 最後に色の名前のページがありますが、絵の具の濃淡がとても綺麗。これはちび子が1歳の頃に買った本なのですが、色の名前を読みながら指をさしてあげていると、すぐに自分でも指をさすようになりました。ママが見付かるページでは、大喜びで両手を上に……。今はちび太が読んで欲しがるようになりましたが、やっぱりママが見付かるシーンでは満面の笑みになります。
 切り絵風のシンプルながらもキュートな絵と鮮やかな色が可愛い絵本です。

■1ページのワード数:10
■単語の難易度:★☆☆☆☆
■日本語版:「ちいさなしろいさかな」
bk1(国際発送・SAL/船便対応)ではこちら


Amazon UK: Little Fish
Amazon US: Little Fish

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 0~2歳
THEME : 英語de子育て
GENRE : 育児 |

象だぞう?


 Elephant Wellyphant
 By Nick Sharratt


 お友達のMがクリスマスにちび太にプレゼントしてくれた本。
 Wellington boots(長靴)を履いたWellyphantに始まり、Fruit Jellyphant、Rude Smellyphant...など馬鹿馬鹿しくも楽しいrhyme(押韻)の連続! 中には「ちょっと強引なんじゃ!?」と云いたくなるものもありますが、それはそれで楽しいです。
 色もカラフルだし、仕掛けがたくさん。ちび太はちょっと興奮して仕掛けを引き千切りそうになってしまいますが...。一番好きな仕掛けは、飴ちゃんの包み紙の中に象が入っているChocolate Caramelephant。何度も開くんだけど自分でたためないので、その都度ママがたたむ羽目に。(笑)
 Mはオックスフォードで英文学を修めたジャーナリストだけあって、読書の幅が半端じゃなく広い! 子供たちに持って来てくれる絵本も、毎回ちゃんと自分で読んで面白かったもの(それも子供の頃に読んだものだけでなく、最近出版されたものも)を選んで持ってきてくれるので本当に感心。

 本の裏に"impressively silly"という新聞の書評がありますが、正に! 韻の楽しさ、仕掛けの楽しさ、色の鮮やかさと、本に触れ始めたばかりの赤ちゃんにはぴったりだと思います。

■1ページ当りのワード数:1~3
■単語の難易度:★☆☆☆☆(造語が多いので???な点もありますが...)
■日本語版:なし

Amazon UK: Elephant Wellyphant
Amazon US: Elephant Wellyphant

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 0~2歳
THEME : 英語de子育て
GENRE : 育児 |

不思議ないきもの


The Gruffalo
Julia Donaldson(文)
Axel Scheffler(絵)


 この本を持っていないちびちびはイギリスに一体いるのか!?というくらいのベストセラー。
 ちいさいねずみくんが森を散歩していると、騙して食べてやろうと色々な動物が次々に現れて来ます。それを「とっても怖いGruffaloと約束してるから!」と作り話をして
切り抜けて行くねずみくんですが…。
 でも本当にGruffaloっていないのかしら!?
 ねずみくんによるとこのGruffaloは舌が黒くて、ムラサキのトゲトゲが背中に生えていて、鼻の先にイボがあるらしい...。でも何だかにくめない顔!(笑)
 Julia Donaldsonの本はどれも文章の押韻が素晴らしい! まるで楽しい歌のようです。
 ちび子は彼女の本を読んでもらっていると、いつも体が勝手に揺れてきます。
 彼女はこのイラストレーターAxel Schefflerとよくコンビを組んでいます。何というか、ヘタウマっぽい味のある絵…。(笑)
 このコンビの本はいつもほのぼのしていて、どれも大好きです。

■1ページ当りのワード数:20~50
■単語の難易度:★★★☆☆
■日本語版:「もりでいちばんつよいのは?」
BK1(国際発送・SAL/船便対応)は こちら


Amazon UK: The Gruffalo
Amazon US: :The Gruffalo

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村←押して下さると嬉しいです!



COMMENT : 0
CATEGORY : 2~4歳
THEME : 英語de子育て
GENRE : 育児 |

お買い物♪


海外在住なら日本語の本は断然ビーケーワンで!
重い本でも船便やSALで送ってくれます。


Rope' Picnic Official onlineshop
ROPEピクニックは、シンプルで可愛いから大好き。
イギリスのお洋服はサイズが合わないので、日本で買って送ってもらうことが多いです。


ママが読んでいるのは

The Time Traveler's Wife
The Time Traveler's Wife
Audrey Niffenegger

ヘンリーは、自分の知らない内にタイムスリップしてしまう「時間移動病」を患っている。そしていつ彼がいなくなるか恐れ、いつ戻ってくるのか待ち続けるしか術のない妻クレア。過去と未来で不思議な同時進行をしながら育まれる愛情と哀しみ。胸の痛くなる美しい物語です。


Second Glance
Second Glance
Jodi Picoult

恋人の霊を追い求める男、先住民の埋葬地に佇む幽霊屋敷、開発計画を妨げるように町に降る花びらの雨、70年前の殺人事件…。 偶然に偶然を重ねて緻密に交錯する登場人物の人生が、女性作家らしい美しい文章とぐいぐい読ませるストーリーテリングで綴られています。


ADS


PR


RSSリンクの表示


プロフィール

lil tinker

Author:lil tinker
ちび子(3歳)、ちび太(1歳)、イギリス人オットと一緒に暮らす翻訳屋です(在英13年の一応バイリンガル)。
2008年秋、長らく暮らした南西ロンドンからバッキンガムシャーへ引っ越してきました。
詳しいプロフィールはこちら


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

未分類 (0)
0~2歳 (5)
2~4歳 (11)
4~6歳 (1)
イギリス生活日記 (5)
プロフィール (1)
イギリス英語 (1)


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


Copyright © ちびちびバイリンガル読書生活 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。